採用のお知らせ

採用のお知らせ

2018年 大学・旅行系専門学校の新卒の方へ、
採用(内勤総合職・専属海外添乗員)のお知らせ

雇用体系は2通りあり、このページの内勤総合職は海外添乗にほとんど出ないで事務所で営業・管理等の作業を中心に仕事をする社員の案内・募集です(固定月給)。もし海外添乗の現場で活躍したいという場合は、弊社の専属海外添乗員の雇用(日給月給)となり、詳しくはHPの海外添乗員への道をご一読下さい。

また両方共に、新卒の方々につきましては通常¥59,800の海外添乗研修費用は無料とさせていただいております。(食事代や日本国内交通費と海外自由行動交通費等は実費かかります。)

株式会社マンデラ 2018年新卒向け採用

採用の説明、面接等は個別に行います。

採用プロセス
応募は簡単です。弊社のホームページの「エントリー」をご覧いただき、必要事項を記入の上でご応募下さい。
お電話からの受け付けはこちら
03-3525-8428 受付時間 平日 10:00〜19:00
こんな方を求めています
  • 弊社の会社の方向性に合う方
  • 謙虚な方
  • 挨拶、時間厳守など社会人の一般的なマナーを守れる方

line
現場に派遣される仲間の社員をバックアップ・サポートするのが仕事です。
弊社マンデラは海外添乗員の派遣業務を主体とする人材サポート会社です。通常の人材系の会社はいわゆる内勤の正社員が、派遣社員を使ってお金を得るというビジネススタンスですがマンデラの考えは根本的に違います。マンデラを事実支えているのは現場の最前線の添乗員やクルーズスタッフなどです。「派遣元」である私達はそうした添乗員などの雇用主であり、私達がきちんと教育した社員を送る事が私達の務めです。内勤も派遣社員も同じ社員であり仲間というのが大前提のスタンスです。マンデラの内勤の方の役割はこの前場の最前線で働く社員(派遣社員)をバックアップし、サポートする事です。雇用体系での差別はなく、同じ空間に内勤も現場に赴く社員も机を並べております。また内勤の方も現場を知らなければ、他の旅行会社に派遣される社員の気持ちも勤務内容も把握出来ません。マンデラの内勤の方は内勤専任ではなく、現場との兼任という体系をとっております。待遇についてもマンデラは寧ろ現場の最前線の社員への待遇の方が、若干でも内勤の方よりよい感じにしております。こういう趣旨や考えをご理解の上お申し込みいただければと思います。
「人は組織が持ちうる最強の資産である。人がいなければすべてが滞る。彼らの忠誠心、やる気、最善の努力がなければ、期待すべきことのほぼすべては月並みな結果に終わってしまう。」
ハル・ローゼンブルース著「顧客第2主義」より
マンデラ社員の考え方・社内ルール
弊社はマンデラの屋台骨は社員だと真剣に考えています。マンデラの企業価値を社員と共有しながら、競争力のある強い組織を共にめざしたいと考えます。履歴書の内容よりも、過去の業績よりも、その人の人柄を最重視しています。社員には会社を代表する大使として、行動していただきます。そのために社員が自らの能力を最大限に発揮することが出来る組織作りを主眼とし、会社も最善の努力を惜しみません。 以下は箇条書きですが、マンデラの内勤に関することを羅列してみました。

1 マンデラの社員は会社を代表する一人の経営者の感覚で仕事をしていただく為に、営業数字等も初期の頃から見ていただきます。
2 忙しいですが、小さな会社ですので企業の内部が色々と見えます。添乗専門で働く前に、ステップアップとして 内勤をするのも良いでしょう。企業の看板で添乗するという感覚は内勤で磨かれます。
3 現場を知る為にも年に数回は海外添乗業務があります。
4 お互いは「さん」付けを基本。役職名での呼び名は不要です。
5 長期休暇は、必ず消化していただきます。但し、時期につきましては要相談となります。
16 年に数回は社長と飲み歩きの日があります。
給与システムについて
マンデラでは派遣され現場で頑張っている社員の待遇を少しでもよくするという趣旨の基、内勤の方の月給給料ベースにつきましては比較的抑えたものとなっております。固定経費が増えるという事は、現場の派遣社員の負担が増えるという事になるのです。
キャリアアップシステムについて
社員の皆様のキャリアアップを積極的に会社として支援致します。雇用体系を変えて、海外添乗専門として働く事も可能です。
2018年の新卒募集要項
募集職種 総合職
海外添乗派遣事業
主な仕事内容 ●既存のお客様への営業
●事務作業
●海外添乗
●添乗専門メンバーのバックアップなど
初任給 大学卒・専門卒/170,000円(営業残業手当含む)
弊社は学歴は問わずの考えから、卒業学歴に関わらず、給料は一緒です。
※試用期間の6ヶ月は160,000円〜となります。
諸手当 通勤交通費支給(最大月額1万5000円)
資格 旅程管理主任者資格・派遣元責任者資格
昇級 年1回(5月)
寸志 年2回
勤務地 神田
勤務時間 10:00〜19:00 基本的に週休2日制
休日休暇 年間休日105日
保険 社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
教育制度 ・内定者研修
・早朝勉強会
・ハートフルミーティング
募集学科 全学部全学科
募集人数 若干名
提出書類 履歴書、成績証明書、卒業見込証明書
※揃わない時は後日で可能。
選考の流れ

弊社ホームページよりエントリー

会社説明(個別)

筆記試験・社長面接(服装はお任せ致します)

最終選考

○弊社では特に面接を重視します。
 学校名や成績は基本的に採用に関係ありません。

大崎梨恵
大崎梨恵
出身学校
明治学院法学部政治学科
数ある会社の中でマンデラを志望した理由
私は、就職活動するにあたって、人とふれあう機会が多いこと、また一人旅が大好きなので、旅をしながら働ける仕事、私らしく働ける環境である、ということを重要視していました。
そして、大学4年生の時の就職活動中にホームページを通して、マンデラを知りました。海外専門の添乗員という仕事にとても強く惹かれ、また同時に社長の梁瀬さんの方向性や考え方、会社の方針に共感し、すぐにエントリーしました。
実際に、お会いして、会社の雰囲気や梁瀬さんを含め添乗員として活躍されている先輩方のお話を聞いて、ここで働きたい!と思い、新卒で入社を決めました。
マンデラってどんな会社
マンデラは、本当に小さい会社ですが、小さいからこそ、添乗員同士の仲がとてもよく、助け合いながら日々、添乗に向かって頑張っています。新しいツアーなどが決まると、先輩からのレクチャーがあり、周りからのサポートが手厚いことも特徴です。
そして、一番の特徴はチャンスがあることだと思います。本当の添乗を想定した研修をみっちりと行うことで、新卒者や未経験者だとしても、他の会社では行かせてくれないような世界中の国々のツアーに行くチャンスが溢れています。また、定期的に行われるハートフルミーティングやマンデラ通信というメールを通して、マンデラのみんなが常に梁瀬さんと同じ目標や方向性でいることができます。
就職活動中の方へのメッセージ
就職活動時には、とりあえず大企業やプライベートの時間を大切にできる会社などの理想は尽きないと思います。その中でも、本当に自分のやりたいことを突き詰めて、将来自分がどうなりたいか、何をしたいかよく考えることが大切です。この添乗員の仕事は、体力的・精神的にもとてもハードなものだと思います。しかし、お金のためではなく、本当に旅行が好きで、人のために笑顔でお世話することが好きな人にとっては、天職です。
shim
shim
dot line
back page top
海外添乗員への道
新・20代女子海外添乗員が本音で語る「マンデラ」
海外添乗員の研修
充実の福利厚生制度
一般公開用の有料・海外添乗フォロープログラム
新・マンデラを知る「15」のキーワード
海外添乗員の採用情報
マンデラ最新ニュース
海外添乗員を元気にする会社を目指して
採用(内勤総合職・専属海外添乗員)のお知らせ
過去のHP記事の一部をご紹介
海外添乗依頼をお考えの
企業様へ
マンデラについて
clear
clear
clear